2017年01月11日

then you’ll see what’s happened

You are the rudest little girl I ever knew in my life. Go in, child, go in, and see your godmamma,” said I. How ever do you manage that girl, Mr. Cresswell? Does she think I don’t know all the draughts in my own house?”

Ah, my dear lady, she’s contrairy. I told you so—she always was and ever will be,” said Mr. Cresswell, putting down his hat with a sigh. Dear, dear! the poor man certainly had his troubles with that little puss. Manage her, indeed! when, to be sure, as was natural, she made him do exactly just as she pleased.

When we went in after her, he and I, there she was, to be sure, kneeling down on Sarah’s footstool, trying all she could{18} to put my sister’s curls out of order with kissing her. If any one else had dared to do it! But Sara, who never since she was a baby feared any creature, had her way with her godmother as well as with all the rest of us. There’s a great deal in never being afraid.

Now, go up-stairs, and take off your bonnet, there’s a good child; there’s a fire in your room to warm it for puss in velvet. Go, and come down smooth and nice as your godmamma loves to see you. Dinner will be ready presently, and you must be nice for dinner. There, there, don’t talk any more, Sara, go and smooth your hair.”

Oh yes, certainly, and then you’ll see what’s happened!” cried Sara, and frisked off out of the room like a little puss as she was.

I dare say the dear child expected nothing less than a great curiosity on my part about what had happened. Poor dear little kitten! she forgot that these little secrets were not such great matters to me. When she was gone we did not say a syllable about Sara; but her good father began to pull about the things on one of the tables behind the screen, and made signs to me with his eyebrows to come and talk to him. When I passed over that way he said quite softly, Anything more?”

Not a word,” said I; for, to be sure, that about Sarah marrying if they would have let her was private, and even the family solicitor had nothing to do with it, though, I dare say if the truth were known, he knew all about it better than I did. Not a word; only, I suppose, I should say he must be about her own age.”

Mr. Cresswell glanced up at me, gave a short little smile, a nod of his head, and a shrug of his shoulders, and understood all about it as if I had told him.  


Posted by 人生は短く、セクシーさなければならない at 19:04Comments(0)

2016年06月27日

板場が興堂流を辞


若しそうであるのなら、万太郎はあゆみに対して申しわけないような心持ちがするのでありました。しかし一方で、何もこれと云って悪い事はしていないと云うのに、どうして自分が済まながらなければならないのか、自分でも良く判らないのでもありました。実家の姉もそうでありますが、兎角女なんと云う生きものは万太郎如きの手には余る生きもののようであります。然りながら、面倒臭いと云って一顧だにしないでおれるものでもないところが、実に以って困った生きものと云うところでもありますか。


奥さんに猛烈アタックを敢行したと云う花司馬教士や、早々に香乃子ちゃんとの結婚を決めて内弟子を辞した良平なんかは、女なる生きものに対して一体どういう了見であったのでありましょう。一度真剣に、そのご高説を伺ってみたいものであります。夕風が吹いて、公園の中の未だ葉を落とした儘の木々がさざめくのでありました。風はあゆみの方から吹くのでありましたが、その風にもう、あゆみの体の熱感は乗ってはこないのでありましたし、その代わりに、そこはかとないあゆみの髪から漂ってくるのであろう芳しい香りが、万太郎の鼻腔を嫌に心地良く擽るのでありました。


万太郎が一週間程の東北方面への出張指導を終えて総本部道場に帰ってくると、入れ替わるように是路総士があゆみを連れて、こちらは九州方面に指導と審査を兼ねて出かけて行くのでありました。矢張り一週間程の予定でありましたか。万太郎が総本部を留守にしている間に、特段の問題は何も発生してはいないのでありましたが、花司馬教士から興堂派時代から内弟子をしていた板場が興堂流を辞めたと云う話しを聞くのでありました。竟に威治宗家に愛想尽かしをしたのでありましょうか。


いえね、板場から不意に連絡がありましてね、久しぶりに神保町の居酒屋で逢ったのですが、その時に本人から聞いたのですよ」稽古が終わって鳥枝範士も帰った後の師範控えの間に居残って事務仕事をしている万太郎に、花司馬教士は話し始めるのでありました。そうですか。板場さんが辞めたのですか」
万太郎は花司馬教士の方に顔を向けるのでありました。「板場さんは生真面目な人で、亡くなられた道分先生への義理立てから興堂流に残ったのでしょうから、早晩、そうなるのではないかと考えてはいましたが。・・・そうですか、矢張り辞められましたか」

板場としては何とか曲りなりにでも、隆盛だった嘗ての興堂派のように、今の興堂流を再興したいと頑張ってきたのでしょうが、竟に疲れ果てたのでしょう」でも、この頃は興堂流の名前を良く風評として聞くようになったではありませんか」確かに第一回道分興堂杯争奪自由組手選手権大会以降、興堂流は格闘技界の新興勢力としてそれなりに世間に認知されたようで、その消息を万太郎は時々耳にすることがあるのでありました。まあ、好悪両方の世評としてではありますが。  


Posted by 人生は短く、セクシーさなければならない at 16:54Comments(0)

2016年05月30日

金か愛か

(金)か?(愛)か?

もちろん(愛)と思っていました。お金がなくても、結構性產品愛があれば大丈夫。➡(広瀬香美)


私の実家は羽振りがよかったときもあったのですが倒産して家を失いました。私は結婚していたのですが、それでもそのときはショックでお金は人に頼らず自分で稼がなければ!と強思っていました。家庭を犠牲にしても働き続けた理由のひとつでもあります。


生活は、一瞬に変わる」今ある生活が永遠水光針ではないし、何か大きいこと(地震もですが。)がきれば、すべてが無くなる。例えばですが、広い家とか、高級な車とか、

レシートを見ないで買い物をするとか、、というのがどんなに泡のような、幻であるのか体験して、私はお金の恐ろしさも何となくわかってきました。

だから、お金がなくてもいいとは思いません。

ただ、やはり愛が勝つ)のではな色弱いかと最近は思います。私の母の生家は、かなり貧乏で(祖父が働かず)子だくさんで苦労したと聞きました。ただ母はそんなもん苦労とはいわない!家族に恵まれ、兄弟も仲良く、お金はそんなになくても私は幸せだったよと今でも言ってます。

私の結婚生活は、貧しくはないでしたが、いつも、お金のことで夫とケンカをしておりました。


夫婦別会計、夫の給料もボーナスも知らなかったので、何か買い物をするときはどちらが出すかケンカになりました。お金って難しいですが、相手が出す結構性產品

のが当たり前とか思わないつもりでも、心の底は不満に思っていたのでしょう。

別居してからは、もちろん生活費などは

全く別々ですが、たまに帰ると私には一切お金を出させない夫です。どこかで私は男女平等といいながら男に金を出させたかったのでしょう。露見しました。そのことが。



これも、あれも、金や愛の問題は付きまといます。ジェリーフィッシュが

「金払いのいい男になりたい。

と言ったことがあります。それはお金持ちになりたいのか?出したくないけど、ここは男とて、パッと払えるかっこよい奴でいたいのか?そう思うと、

一人でちゃんと自分の生活をたてながら、相手に依存せず(心もね)お互い(愛)だけで結ばれていたいなって心から思います。私もかなり自分の仕事のことで、あっぷあっぷしましたが、何も特に必要ないから、寝る場所と、私の好きな食べ物と、

愛だけでいいかな?と実感しているところです。  


Posted by 人生は短く、セクシーさなければならない at 16:16Comments(0)

2016年05月30日

金か愛か


私がこれまで生きている間、つきまとっている

(金)か?(愛)か?


もちろん(愛)と思っていました。

お金がなくても、愛があれば大丈夫。➡(広瀬香美)


私の実家は羽振りがよかったときもあったのですが倒産して家を失いました。私は結婚していたのですが、それでもそのときはショックで

お金は人に頼らず自分で稼がなければ!と強く思っていました。家庭を犠牲にしても働き続けた理由のひとつでもあります。


「生活は、一瞬に変わる」

今ある生活が永遠ではないし、何か大きいこと(地震もですが。)がおきれば、すべてが無くなる。



例えばですが、広い家とか、高級な車とか、

レシートを見ないで買い物をするとか、、というのがどんなに泡のような、幻であるのか体験して、私はお金の恐ろしさも何となくわかってきました。

だから、お金がなくてもいいとは思いません。


ただ、



やはり


(愛が勝つ)のではないかと最近は思います。



私の母の生家は、かなり貧乏で(祖父が働かず)子だくさんで苦労したと聞きました。ただ母はそんなもん苦労とはいわない!家族に恵まれ、兄弟も仲良く、お金はそんなになくても私は幸せだったよと今でも言ってます。



私の結婚生活は、貧しくはないでしたが、いつも、お金のことで夫とケンカをしておりました。

夫婦別会計、夫の給料もボーナスも知らなかったので、何か買い物をするときはどちらが出すかケンカになりました。お金って難しいですが、相手が出すのが当たり前とか思わないつもりでも、心の底は不満に思っていたのでしょう。

別居してからは、もちろん生活費などは

全く別々ですが、たまに帰ると私には一切お金を出させない夫です。どこかで私は男女平等といいながら男に金を出させたかったのでしょう。露見しました。そのことが。



これも、あれも、金や愛の問題は付きまといます。


ジェリーフィッシュが

「金払いのいい男になりたい。」


と言ったことがあります。それはお金持ちになりたいのか?出したくないけど、ここは男として、パッと払えるかっこよい奴でいたいのか?




そう思うと、

一人でちゃんと自分の生活をたてながら、相手に依存せず(心もね)お互い(愛)だけで結ばれていたいなって心から思います。



私もかなり自分の仕事のことで、あっぷあっぷしましたが、何も特に必要ないから、


寝る場所と、私の好きな食べ物と、

愛だけでいいかな?と実感しているところです。

  


Posted by 人生は短く、セクシーさなければならない at 16:16Comments(0)